株式会社 ミヅホ建設


2015・秋号 新しい四季報出来ました!!
Facebook始めました。


ミヅホ建設では、さまざまな方法で耐震リフォームを致します。外部からの補強でいつも通りの生活をして頂ける方法もございますので、一度、耐震診断を行ってみてください。

1. 柱や土台が劣化している場合

→柱や土台が腐ったり、シロアリの被害を受けていると、建物本来の耐震性能が発揮出来ません。湿度の高い富山県では、台所、浴室の近くや北側の土台回りのように湿りがちのところは、特に注意が必要です。

2. 耐力壁が少ない又は配置に偏りがある場合

→一般的な木造住宅は、筋かい(斜め材)や構造用合材などの入った壁(耐力壁)により、地震力に抵抗します。富山に多い二間続きの和室まわりは壁が少なく耐震上の弱点になる場合がありますが、開放的な間取りと継承しながら補強する方法もございます。

3. 柱と土台等の接合部が金物等で固定されていない場合

→大震災時には、柱と土台、柱と梁などの接合部が外れ、
建物全体が倒壊してしう事があります。

4. 基礎に鉄筋が入っていない場合

→基礎は建物を支える要です。基礎に鉄筋が入っていなかったりひび割れをしていると、大震災時に基礎が倒壊し、建物本来の耐震性能が発揮出来ないことがあります。

5. 床が強固にできていない場合

→耐力壁が十分でも、床が強固に出来ていないと、
建物全体で地震に耐えることが出来ません。

6. 屋根が重い場合

→建物は軽いほうが地震には有利です。富山では重い瓦屋根が一般的ですが、あらかじめ重い屋根に耐える構造になっていれば大丈夫です。

リフォームによって、住まいはきれいで快適になりますが、あわせて耐震改修を行い丈夫で安全な住まいにしてはいかがですか?リフォームとあわせて耐震改修を行うことで、壁や床をはがす手間や元に戻す費用などを節約でき、大変お得です。




.